猫が喜ぶキャットフード

キャットフードは日本製が安全って本当?

日本では日本製にこだわる風潮が強く、キャットフード選びにおいても同じことが言えます。しかし、日本製なら本当に安全なのでしょうか?その真実について探ってみました。

キャットフードは日本製?外国製?

世の中で「安全・安心」と言われるキャットフードには、外国製のものが多いことにお気づきでしょうか。輸入代が上乗せされる分コストが高くなっても、本当に安全なものを求める飼い主さんたちはそれらを選ぶのです。一体なぜ日本製のものではないのでしょうか。

日本では平成21年に「ペットフード安全法」が施行され、ペットフードの基準が改められました。それまで原材料・製造元・賞味期限の記載義務はなかったため、安価な粗悪品が流通してしまうという現実があったのです。

そもそも「日本製」の定義もあいまいです。じつは最後の加工工程さえ日本で行われていれば、製造は外国であっても「国産」と明記することができるからです。今や「日本製だから安全」という考え方では、本当に安全・安心なものを選べなくなってきているのです。

日本製と外国製の違いは?

添加物の規制基準の違い

一般に海外製のほうが基準が厳しく、海外では禁止されている添加物でも日本では使用されていることがあります。たとえば酸化防止剤の「エトキシキン」。人間の食材では許容残留量は1ppmですが、キャットフードでは150ppmまで許可されているのです。

さらに危険と言われているのがBHA(ブチルヒドロキシアソニエール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)の2つの添加物です。これらは発がん性が認められている成分ですが、国産のキャットフードhttp://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/knowledge.htmlでは使用されている場合があります。

原材料の割合の違い

猫は肉食動物であり、自然界では主に動物の肉や魚からとれるタンパク質を主な栄養源にしています。しかし、日本製のフードを見てみてください。一番はじめにトウモロコシや小麦などと表示されていませんか?これらの穀物は猫にとって消化吸収しづらく、とりすぎると便秘や下痢、ひどい場合はアレルギーも引き起こしてしまいます。

一方、ヨーロッパやアメリカでは猫を飼っている家庭が多く、ペットフード先進国と言われています。質にこだわる飼い主が多いため、穀物未使用や、材料の7割以上に肉を使用したフードが豊富にあります。無添加であったり添加物を使用していても天然由来のもののだったりと、きちんと配慮されているのです。

このような点から、日本製よりも外国製のフードのほうが安全と考える人は多くなっています。

日本製にまどわされないで

日本製だから安全、と安易に考えている飼い主はまだまだ多いのが現状です。しかし実際は産地の問題ではなく、原材料をしっかり見て選ぶべきなのです。あなたが飼い猫に与えているフードは本当に安全なのか、今一度確かめてみてはいかがでしょうか。