猫が喜ぶキャットフード

猫の糖尿病ってどんな病気?キャットフード選びで気を付けるポイント

糖尿病は高齢になるほどかかりやすい病気です。また肥満猫の場合は、そうでない猫と比べて糖尿病のリスクは5倍だと言われています。さらに生まれつきの体質でなりやすい場合もあり、原因はさまざまです。

糖尿病の症状

  • 水をたくさん飲む
  • おしっこの回数や量が増える
  • 食欲旺盛になるが、体重が増えない

初期症状にはこのようなものがあります。猫はもともと水をあまり飲まない動物なので、水をたくさん飲む状態は異常だと言えます。また、体内の糖質を制御できなくなると、エサを食べても必要な栄養を吸収することができず飢餓状態に陥ってしまいます。そのため、食べても食べても太らなくなってしまうのです。

  • 食欲が減る
  • 歩き方がおかしくなる
  • 下痢やおう吐が見られる

さらに症状が進んだ状態です。糖尿病が進行すると、腎不全などの合併症を引き起こす可能性もあります。当てはまる症状があったら、できるだけ早めに医師に見てもらいましょう。

糖尿病のキャットフードの選び方

糖尿病はインスリンの分泌が正常に働かなくなり、血糖値の上昇をコントロールできなくなる病気です。初期のうちなら食事療法で血糖値を正常に戻すことも可能ですが、進行すると毎日のインスリン注射が必要となります。

糖尿病の猫の食事で気をつけるポイントは、糖質の摂取をできるかぎり少なくし血糖値の上昇を抑えることです。選び方のポイントを見ていきましょう。

低糖質・高タンパクのもの

糖尿病に厳禁なのは糖分です。安価なキャットフードhttp://www.staynky.com/cheap.htmlによく使われる炭水化物は、体内で糖分にかわるため避けるべきでしょう。メインに肉や魚が多く使われたフードなら、タンパク質を効果的にとることができます。また、添加物としても糖分が使われていることがあるため、よくチェックしてください。

食物繊維の豊富なもの

食物繊維は血糖値の上昇を穏やかにする効果があります。また、体内の不要物を吸着し体外に排出してくれるため、糖尿病の要因のひとつである肥満に対しても効果が見込めます。腹持ちがいいのでドカ食いをしてしまう猫にもおすすめです。

ビタミンB群が含まれているもの

糖尿病ケアのフードの中には、ビタミンB群が含まれている場合が多くなっています。ビタミンB群は代謝を高め、糖質を効率よくエネルギーに変えてくれる効果があります。

これらのバランスがすべて整った、糖尿病ケアの療法食も売られています。猫の好みや経済面も加味して考えていきましょう。

糖尿病には進行する前の対策がカギ

猫の糖尿病には、原因となりやすい肥満に気をつけることと、早期発見が重要です。人間の糖尿病と違い、猫の糖尿病は初期なら寛解する可能性があります。大切な猫との時間を守るために、正しいキャットフード選びhttp://fridaynightrunning.com/ranking.htmlをしていきましょう。