猫が喜ぶキャットフード

下痢に悩む猫におすすめのキャットフードとは?

下痢は猫に日常的に起こる症状のひとつです。原因はさまざまですが、キャットフードでも下痢を起こすことがあります。その理由と、下痢をしやすい猫のキャットフードの選び方を見ていきましょう。

キャットフードで下痢をする原因

穀物が多く含まれているとき

下痢でもっとも多い原因はこれです。もともと肉食の猫は、小麦やトウモロコシなどの穀物主体のフードをうまく消化吸収できず、下痢や便秘を起こしやすいのです。

急にフードを切り替えたとき

今まで食べていたフードを切り替えた場合に、まれに下痢を起こすことがあります。

猫の体質に合わないとき

猫にも食物アレルギーがあります。キャットフードにアレルギーの原因となる物質が含まれていて、それに反応して下痢を起こすことがあります。また安価なキャットフードには添加物http://www.pets-one-nagoya-minato.jp/mutennkakyaxtuto.htmlが大量に使われていることもあるため、注意が必要です。

古くなっていたとき

朝にあげたキャットフードを猫が食べ残し、そのまま気づかないでいて時間が経ってからまた口にしていた、というパターンです。特にウェットフードの場合、水分が多いため雑菌も繁殖しやすく、品質劣化が起きやすいです。

下痢でキャットフードを切り替えるときのポイントは?

キャットフードが原因ならすぐに切り替えなければ!と思いがちですが、一気に変えることは猫の胃腸にも負担がかかります。これまでのフードに少しずつ混ぜながら与え、徐々に割合を増やしていきます。1週間から10日ほどかけてゆっくり切り替えるようにしてください。下痢が止まらない場合はドライフードをふやかして与えたり、病院で診察を受けましょう。

下痢をしやすい猫におすすめのキャットフード

消化吸収のいい材料が使われている

良質なタンパク質と言われるのはサーモン、チキン、さつまいもなど。なるべく原形に近い名前で表記されているほうが、余計な手が加えられておらず安全です(例:ミートミール→鶏肉など)。

オリゴ糖・乳酸菌が配合されている

オリゴ糖・乳酸菌などの成分はお腹に優しく、便秘解消や消化力を挙げる効果があります。胃腸の働きを整える手助けをしてくれます。

下痢を起こす原因はいろいろ

このように、キャットフードで下痢を起こす原因にもいろいろあります。なるべく猫の負担にならないようなフードを選びたいですね。まずはサンプルhttp://www.orgona.org/e_demo.phpから試してみるのはいかがでしょうか。