猫が喜ぶキャットフード

キャットフードはウェットタイプがおすすめ!その理由と選び方

キャットフードにはドライタイプとウェットタイプの二種類があります。普段使いにはドライタイプを与える飼い主さんが多いですが、ウェットフードを与えるべきタイミングやメリット、また選び方についてご紹介します。

ウェットフードのメリット

  1. 水分が豊富
    猫の体にとって水分は必要不可欠であり、不足すると腎臓に負担がかかってしまいます。しかしドライフードばかり与えていると、どうしても水分が不足しがち。その点、ウェットフードは75%以上が水分のため無理なく水分を摂取することができます。
  2. 高タンパク・低炭水化物で猫の習性に合っている
    猫はもともと肉食動物なので、タンパク質をメインに摂る必要があります。エネルギーに変えるためには脂肪分も欠かせず、逆に炭水化物はそれほど必要としません。これらの条件を満たすのがウェットフードなのです。
  3. 程よい量で満足感が高い
    ウェットフードは小分けの袋やレトルトパウチで売られている場合が多く、おやつhttp://www.richmondvt.com/calendar.php感覚でちょっとずつ与えるのに向いています。また素材の味や風味を生かせるので猫も美味しく食べることができ、ストレス解消やコミュニケーションのひとつにもなります。
  4. 病気の猫や子猫でも食べられる
    ドライフードは歯が悪くなったシニア猫には向きません。病気などで食欲が落ちていたり、まだうまくドライフードを食べられない子猫には、ウェットフードがぴったりです。

ウェットフードの選び方

総合栄養食を選ぼう

栄養基準局の基準をクリアした「総合栄養食」が多いドライフードに比べ、ウェットフードには「一般食」と呼ばれる、シンプルな素材のものも多く出回っています。おやつとして与えるならいいのですが、日常的に使う場合は総合栄養食と書かれたタイプを選ぶようにしましょう。

タイプで選ぶ

ウェットフードの中にも、素材がごろっと大きめのフレークタイプ、粒が小さくやわらかめのパテタイプ、とろみがついていたり水分がもっとも多いスープタイプなどがあります。飼い猫の好みに合わせて選んでみてもいいでしょう。

味で選ぶ

アレルギーがある猫の場合は、原材料から選ぶのがいいでしょう。アレルギー対応の療養食タイプも市販されています。好き嫌いが多い場合にも、特に飼い猫の好む材料から選ぶといいですね。

目的で選ぶ

食欲が落ちている場合にウェットフードhttp://www.issgc.org/c006.htmlは最適です。肥満気味の猫にはカロリーを抑えたタイプもあります。尿道結石や腎臓の病気がある猫は、水分を多めに摂取する必要があるため総合栄養食タイプのウェットフードを日常的に与えるといいでしょう。

選ぶ際に気をつけるポイント

一度開けてしまうと鮮度が落ちるので、少食な猫の場合は一回で食べきれる量に小分けされているタイプを選びましょう。逆に多頭飼いの場合は頭数に合わせた量で選んでください。

また、ふだんの食事でドライフードを与えているほかにおやつとしてウェットフードも、という場合は、一日の合計摂取量を越えないように注意が必要です。

ウェットフードは目的に合わせて上手に使おう

ウェットキャットフードにはさまざまな種類があり選ぶのに迷ってしまいますよね。ご紹介したようにたくさんのメリットがあるため、飼い猫の好みやタイプに合わせて上手に使っていきましょう。